カードローン+HOME > はじめて借りるカードローン

はじめて借りるカードローン

カードローンとはそもそもなにか?銀行や消費者金融などが取り扱うカードローンの種類、利用の流れや注意点などカードローンをはじめて利用する方が安心して利用できる参考情報をまとめています。

カードローンとは?

カードローンとは、一般的に銀行や信用金庫、消費者金融などの金融機関がカードを発行して契約する極度型の消費者ローンのことをいいます。銀行やコンビニの提携CD・ATMにおいて一定の限度額の範囲内で自由に繰り返し借りることができます。カードローンは、リボルビング方式での返済、キャッシングは翌月一括返済というように返済方法に違いがあると言われています。しかし、最近ではキャッシングでもリボ返済のものが多く登場しており、両者の使い分けはあまりなくなってきています。つまり、一般的にはキャッシングもカードローンの一部であるという認識が広まっています。カードローンは、申し込み後、金融機関の審査が通るとカードが発行され、このカードを使って提携CD・ATMでお金を引き出すのが一般的です。 契約有効期間中なら限度額の範囲内で原則いつでもお金を借りられるメリットがあります。一方、最初の申し込みから契約締結後カードが手元に届くまで待つことになりますので事前の計画も必要です。現在、カードローンの種類は多種多様で利用方法も変化していますので、最新のカードローンのメリットやデメリットを理解して利用する必要があります。

カードローンの種類

カードローンは原則無担保の極度貸付のことを指します。銀行や信用金庫、消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関が取り扱っています。カードローンの特徴として、

  • 金融機関の審査で決められた極度額の範囲内まで原則繰り返し自由に借り入れができる
  • 資金使途は原則自由で、契約締結時に資金使途の証明書がいらない
  • 毎月の決まった金額の返済(約定返済)以外にも、手数料無料でいつでも返済ができる
  • 原則、借りている金額と借りている日数分に対してのみ利息がつくのでムダがない
  • 近くのコンビニや銀行のATMなどでカードを使って借り入れと返済ができる
などが挙げられます。実質年率や借入限度額、借入方法や返済方法などの諸条件は、金融機関のカードローンの種類、商品ごとに若干異なりますので、借り入れの際には事前に自分の用途にあったカードローンを検討してみるといいでしょう。

カードローンの種類 概要
銀行・信用金庫のカードローン 銀行や信用金庫のカードローンは、無担保・極度貸付方式が一般的です。借り入れの特徴として、2010年6月に施行された総量規制の対象外となることが特徴です。最近では、銀行の貸出金利が下がっている傾向が続き、消費者にとっては選択肢が広がってきているといえます。契約時には、借入残高が100万円を超える場合、収入を証明する書面の提出を求めることが法律上義務付けられています。年収証明資料(源泉徴収票)、実印などが原則必要になるので、スムーズな借り入れを行なうためにも余裕をもって準備をしておくことをおすすめします。
消費者金融のカードローン アコム・アイフル・プロミス・モビットなど大手消費者金融のカードローンは、無担保・極度貸付方式が一般的です。カードローンは、資金使途が原則自由で借り入れ限度額に応じた金利が設定されているケースが多いです。また、消費者金融は、審査時間や融資まで時間が比較的短く、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れができるため、一時的な不足資金の補充に使うことが適しているといえます。一方で、消費者金融は総量規制の対象になりますので、原則年収の1/3以上の借り入れを行なうことはできません。予め計画をしっかりと立てて借り入れを行いましょう。
クレジットカード会社のカードローン クレジットカード会社のカードローンは、クレジットカードに搭載されたキャッシング機能を使用してお金を借りることができます。一般的には、カードローンよりキャッシングとしてサービスを提供している会社が多いです。特徴としては、キャッシング機能のついたクレジットカードを手にした段階から、キャッシングの事前審査を通過している事が条件に、キャッシング限度額まで何度もでも借り入れができます。一方で、総量規制の対象になるため、原則年収の1/3以上の借り入れを行なうことはできません。また、キャッシングの限度額も銀行・信用金庫、消費者金融のカードローンに比べると一般的に小さいので、一時的に小口の資金が必要な時などに使用することが適しているといえます。

カードローン利用の流れ

金融機関のカードローンの申込・相談受付は、一般的に店舗・窓口、郵送、電話、インターネットの大きく4つのチャネルにわけることができます。

一般的なカードローン借り入れまでの流れ

一般的なカードローン借り入れまでの流れ

※個別金融機関や個別のカードローン商品によって申込方法や契約方法など借り入れまでの流れが異なります。

カードローン利用の注意点

申込受付時間 インターネットでの申込みは原則24時間受け付けていますが、店舗・窓口、電話での受付時間は金融機関によって異なります。また、申込方法によってそれぞれ申込みが完了するまでの時間、労力も異なりますので、申込受付時間は事前にチェックしておきましょう。
審査状況 金融機関の借り入れ審査は、必ずしも通過するとは限りません。また、事前に仮審査を行い、その後本審査を行う金融機関もあります。金融機関ごとに審査条件は異なりますので、審査の状況を確認しながら行動するようにしましょう。カードローンは住宅ローンや自動車ローンなどの資金使途があるローンに比べると審査時間が短いのが特徴です。直接店舗に行く必要性の有無、年収条件や必要な書類などを事前に確認しておきましょう。
金利体系 カードローンの金利体系は大きく固定金利と変動金利にわけられます。借り入れ後、完済まで金利が原則一定率なものが固定金利、市場のベース金利等に連動して定期的に金利が見直されるのが変動金利です。一般的にカードローンは固定金利のものが多いです。事前にどちらを選択するか検討しておきましょう。
返済体系 カードローンの返済方法は、一般的に一括払いではなく、分割払い(リボルビング払い)のシステムが多いです。分割払い(リボルビング払い)とは、原則返済回数を決めず、利用金額に応じてあらかじめ利用者との間で取り決めた最低金額を毎月返済していく返済方法のことをいいます。
契約方法 カードローンの借り入れ申込後、金融機関の審査が通過すれば契約ですが、契約には一般的に来店契約(無人機等を含む)と郵送契約があります。それぞれ、契約完了までの時間、労力が異なりますので、借り入れ申込みを行う前に契約方法は選択しておきましょう。
金利設定日 カードローンの金利は、一般的に申込み時ではなく、入会日または借り入れ日の金利が適用されるものが多いです。申込みから借り入れまでの期間や時期を事前に確認した上で借り入れ申込みを行うようにしましょう。

カードローンの特徴を比較して申込む

金利重視:安心の低金利から選ぶ 限度額重視:ゆとりの融資金額から選ぶ 審査期間重視:急ぎの審査スピードから選ぶ

カードローン掲載金融機関

銀行

  • 愛知銀行
  • 足利銀行
  • 池田泉州銀行
  • オリックス銀行
  • 滋賀銀行
  • 静岡中央銀行
  • 千葉銀行
  • 中京銀行
  • 富山第一銀行
  • 長崎銀行
  • 福邦銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 武蔵野銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行

信用金庫・信用組合・労働金庫・信用漁連

  • 京都中央信用金庫
  • 都留信用組合
  • 北海道労働金庫
  • 大和信用金庫

その他の金融機関

  • アイフル
  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • オリックス・クレジット
  • モビット

カードローン選びのお役立ち情報

カードローンシミュレーション

希望する借入金額、金利、期間から毎月の返済額や返済総額などを試算します。

カードローン用語集

カードローン・キャッシングの用語をまとめました。

カードローン簡単検索

借入金額  万円
借入期間  
居住地
金融機関
来店

カードローンブランド特集

アコム
アコム特集はこちら
アイフル
アイフル特集はこちら
SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンス特集はこちら