カードローン+HOME > マイカーローン > マイカーローンに関するお役立ち記事 > マイカーローンは固定金利と変動金利どっちがお得?おすすめマイカーローンも紹介します

【第51回】マイカーローンは固定金利と変動金利どっちがお得?おすすめマイカーローンも紹介します

2022年03月24日
マイカーローンは固定金利と変動金利どっちがお得?おすすめマイカーローンも紹介します
マイカーローン(自動車ローン)の金利には、固定金利と変動金利があります。マイカーローン(自動車ローン)を契約するときは、固定金利と変動金利、どちらを選べばいいのか迷う人も多いのではないでしょうか。
今回は固定金利と変動金利の特徴やメリット・デメリットを紹介しながら、判断する際の参考にしていただくとともに、おすすめのマイカーローン(自動車ローン)も紹介します。

1. マイカーローン(自働車ローン)の固定金利と変動金利の違い

マイカーローン(自動車ローン)には固定金利のみ、変動金利のみだけのもの、固定金利と変動金利のどちらかから選べるものがあります。固定金利と変動金利、どちらを選ぶのかによって、支払う金利額にも影響するため、両者の性質を理解しておかなければなりません。ここでは、固定金利と変動金利について解説します。

1-1 固定金利とは

固定金利は契約当初の金利が完済まで適用されるものです。経済情勢によって市場金利が上下したとしても、その影響を受けない点が大きな特徴です。したがって、毎月の返済額は完済まで大きく変わることはありません。

毎月の返済額が変わらないため、返済計画を立てやすい反面、返済中に経済状況が金利下降局面へと変化しても、その恩恵を受けることはできません。

ちなみに固定金利の利率は、10年もの国債の利回りを基準として設定されます。

1-2 変動金利とは

変動金利は、あらかじめ決められた期間で金利を見直します。したがって、返済途中で金利が大きく変わることもあり、それにともない毎月の返済額も変わるといった特徴があります。金利を見直すタイミングは通常半年ごととなっていますが、ローン商品によっては毎月見直すものもあります。変動金利の利率は「短期プライムレート」を基準に設定されます。

現在の低金利下では、固定金利よりも変動金利を選ぶ方が毎月の返済額、さらには完済までの返済総額を抑えることが期待できますが、市場の変化を正確に予想することは不可能です。場合によっては急激な金利上昇局面を迎える可能性もあり、そうなった場合、その後の返済額が大きく増加するリスクはゼロにはできません。

2. マイカーローン(自働車ローン)で固定金利を利用するメリット・デメリット

マイカーローン(自動車ローン)を利用するにあたって、固定金利を選ぶメリット、デメリットについて詳しく解説します。

2-1 メリット

マイカーローン(自動車ローン)で固定金利を選ぶメリットは、なんといっても完済まで返済額が変わらないことから、返済計画が立てやすいという点です。

特に今後、マイカーローン(自動車ローン)の返済以外の出費が予想されるのであれば、毎月の返済額はできるだけ確定できた方が安心でしょう。通常、固定金利は変動金利よりも金利が高めに設定されていますが、その後の経済状況の変化によっては変動金利の方が高くなるケースも十分にありえます。こういった場合でも、影響を受けず安心して返済を続けられる点もメリットといえるでしょう。

2-2 デメリット

契約時、固定金利は変動金利よりも高めの金利設定となっています。また、返済中に金利が下がる局面になったとしても、適用されている金利が見直されることはありません。

毎月の返済額が契約時点で決まることから、その後収入が下がったなどの状況に陥った際には、毎月の返済が負担になる可能性もあります。無理なく返済が続けていける金額か、しっかりと確認してから契約しましょう。

3. マイカーローン(自働車ローン)で変動金利を利用するメリット・デメリット

比較的低い金利で利用できることで注目されている変動金利ですが、マイカーローン(自動車ローン)で変動金利を選ぶ際のメリットそしてデメリットについてもしっかりと理解しておきましょう。

3-1メリット

変動金利は、市場の状況によって適用される金利が変わります。現在は超低金利の水準ですが、今後の経済情勢によってはさらに金利が下がる可能性もあります。もしも、変動金利で契約しており、見直しの際に契約時よりもさらに低い金利が適用された場合は、その後の返済額が下がり、家計への負担を抑えることにもつながります。

完済までの期間にもよりますが、金利が下がるもしくは上がらなければ、固定金利を選んだ場合よりも最終的な返済総額はかなり少なくなるでしょう。

3-2デメリット

変動であるがゆえに、市場の状況によっては金利上昇のリスクももちろんあります。若干の上昇であればそこまでの影響は感じないかもしれませんが、金利が大幅に上昇するといった状況になると、毎月の返済額にもかなりの影響が生じます。

場合によっては想定外の返済負担になる可能性も否定できません。金利の影響は返済期間に比例しますので、完済までの期間が長いと、契約時よりも金利が大幅に上がる可能性も高くなります。

4. 固定金利と変動金利、比較するとどちらが安い?

一般的に、契約時は固定金利よりも変動金利の方が低く設定されているため、変動金利の方が毎月の返済額そして返済総額を少なくできると思いがちです。しかし、変動金利は経済情勢によってその後適用される金利が変わるため、金利が上昇することで毎月の返済額が増える可能性があります。

したがって、どちらがお得かどうか、契約時点の金利だけで比較することはできません。今後の金利がどのように動くかを正確に読めれば、固定金利と変動金利のどちらが支払金額を少なくできるか判断できますが、確実に予測することは不可能です。

ただし、一般的にマイカーローン(自動車ローン)の返済期間については、短期間で契約する人が多く、短期間であれば変動金利を選んだとしてもそこまでの影響を受けない可能性も高いでしょう。

5. マイカーローン(自働車ローン)では固定金利と変動金利どちらを選ぶべき?

固定金利そして変動金利にはそれぞれの特徴に応じたメリット・デメリットが存在します。ここからは、それぞれの金利タイプに向いている人はどのような人なのかについて解説します。

5-1 固定金利がおすすめな人

固定金利がおすすめな人の特徴として1番に挙げられるのは、毎月の返済額を確定させたいという人です。返済額を固定し、資金計画をしっかりと立てたいという人は固定金利を選ぶとよいでしょう。また、借入金額が500万円〜1,000万円など比較的大きくなる場合、金利が上がると支払総額が大幅に上がる可能性があるため、固定金利を選ぶ方が安全ではあります。

支払金額とあわせて気をつけなければならないことが支払期間です。支払期間が短いのであれば、そこまで大幅に金利が変動する可能性は低いでしょう。過去の金利水準推移を参照すると、1~3年の短期であれば金利の変動は0.3~0.8%ほどです。しかし、10年ほど経過すると1%以上金利が変動する可能性は高くなっています。

そのため、借入期間が長期にわたる場合は、金利変動のリスクを抑えるために固定金利を選ぶこともおすすめです。

5-2 変動金利がおすすめな人

変動金利がおすすめな人の特徴は、収入に余裕があり、返済途中に返済額が上がったとしてもそれを受け入れることができる人です。

また、借入期間が比較的短期間であり、その間は景気の影響を受けにくいと予測できる場合も変動金利を選ぶとよいでしょう。そのほか、もし、金利が上がったとしても、借り換えを視野に入れている人も変動金利が向いているといえます。

6. 固定金利でおすすめのマイカーローン(自動車ローン)

現在提供されているマイカーローン(自動車ローン)の中でも、固定金利を採用しているおすすめのマイカーローン(自動車ローン)を紹介します。

※以下の情報は2022年2月現在のものです。

6-1 損保ジャパン ジャパンダ・ネットマイカーローン

金利 年1.9%~2.95%(借入金額:20万円~499万円)
年1.9%~2.55%(借入金額:500万円~1,000万円)
保証料 不要(金利に含む)
借入限度額 20万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・申込み時の年齢が満20歳以上で、完済時年齢が満70歳の誕生日まで
・前年の税込年収が280万円以上で、継続かつ安定した収入がある
・保証会社(SOMPOクレジット(株))の保証を受けられる
来店の必要性 不要

損保ジャパン ジャパンダ・ネットマイカーローンでは、マイカーローン(自動車ローン)を申込むにあたって、新規に口座を作る必要はありません。土日も審査を行っており、最短即日回答となっていることから、急いでローンを利用したい人におすすめです。

申込みはインターネットと郵送が用意されており、契約手続きも店舗に赴くことなく行えます。ただ、一括繰上返済を行う際には手数料(4,950円(税込))が発生する点に注意しましょう。

6-2 愛知銀行マイカーローン・エコカーローン

金利 マイカーローン:年3.4%
エコカーローン:年3.2%
(ただし、インターネットで申込んだ場合は-1.1%)
保証料 不要(金利に含む)
借入限度額 10万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・申込時の年齢が満20歳以上、かつ、完済時年齢が満75歳以下
・本人に安定かつ継続した収入がある
・本人の居住地もしくは勤務地が愛知銀行の営業エリア内にある
・愛知銀行の指定する保証会社の保証を受けることができる
(WEB完結を利用する場合は以下の条件も必要となります)
・メールアドレスを持っている
・本人確認書類として、「運転免許証」もしくは「パスポート」を用意できる
来店の必要性 原則不要
(予約審査を希望する場合は来店が必要)

インターネット申込みで1.1%金利を引き下げる金利優遇が受けられるほか、愛知銀行の住宅ローン利用者であれば、さらに0.4%の金利優遇(適用金利1.7%)を利用可能です。提供エリアが限定されていますが、条件を満たすことでかなりの低金利が適用されます。

6-3 ふくぎんニューオートローンDX

金利 Web完結:年2.7%
Web以外での申込み:年2.8%
上記以外:3.3%
保証料 不要(金利に含む)
借入限度額 10万円~1,500万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・借入時の年齢が満20歳以上65歳以下
・安定した収入がある(パートやアルバイトは除く)
・保証会社の保証を受けることができる
来店の必要性 必要(Web完結の場合は不要)

インターネットで申込むことでさまざまな金利の優遇が受けられます。例えば、インターネット申込みかつ年齢が25歳以下であれば、適用される金利は年2.2%となります。また、他社からの借り換えや、バイク、ボートの購入資金も対象となるなど利用目的が幅広い点も特徴的です。借入限度額も比較的高額に設定されている点も魅力でしょう。

7. 変動金利でおすすめのマイカーローン(自動車ローン)

続いて変動金利での利用を考えている方におすすめのマイカーローン(自動車ローン)をご紹介します。

7-1 横浜銀行マイカーローン

金利 年0.9%~2.4%
保証料 不要
借入限度額 10万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時年齢が満70歳未満
・安定かつ継続した収入がある
・指定の保証会社の保証を受けられる
・原則として、以下の地域に居住もしくは勤務している
神奈川県、東京都(一部地域を除く)、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市、みどり市)
来店の必要性 必要(Web契約の場合は不要)

提供エリアが限定されていますが、比較的低金利で借り入れできます。融資を受けるには横浜銀行の口座を持っていることが条件で、申込みの時点では必要ありませんが、契約時までには口座を開設しておく必要があります。

7-2 千葉銀行ちばぎんマイカーローン

金利 年0.85%~2.55%
保証料 不要
借入限度額 10万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・融資時の年齢が満20歳以上満65歳未満、かつ完済時年齢が満70歳未満
・安定かつ継続した収入がある(パート、アルバイトは不可)
・居住地もしくは勤務先が千葉銀行の営業エリア内にある
・所定の保証会社の保証を受けることができる
来店の必要性 必要(ただし、Webもしくは郵送で申込みをした場合は不要)

期間限定のキャンペーンを行っているほか、ハイブリッド車や電気自動車など環境に配慮した車を購入する際には借入金額に応じて、年0.6%〜1.25%の金利割引を受けられます。

7-3 三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン

金利 年1.5%~2.45%
保証料 不要
借入限度額 50万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・申込時の年齢が満20歳以上、かつ完済時年齢が満70歳の誕生日まで
・指定の保証会社の保証を受けることができる
・前年度の税込年収が200万円以上
・勤続年数1年以上
・購入する自動車において、他行からの借り入れがない
・メールアドレスを持っている
来店の必要性 原則不要(口座を持っていない場合は来店要)

利用にあたって三菱UFJ銀行の口座が必要ですが、事前審査は最短即日と、比較的審査が早い点が特徴的です。また、最初の3年間は利息の支払いのみという「据置タイプ」が用意されています。据え置きタイプは借入期間や適用される金利が異なりますが、最初の返済をできるだけ抑えたい人に向いています。

7-4 りそな銀行マイカーローン

金利 年1.9%、2.8%、4.475%(審査によって決定)
保証料 不要
借入限度額 10万円~1,000万円
申込条件 日本国内に居住しており、以下の条件を全て満たす人
・申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満で、完済時年齢が満70歳未満
・継続かつ安定した収入がある人(パートやアルバイト可、学生、専業主婦・主夫は不可)
・保証会社の保証を受けることができる
来店の必要性 原則不要

車だけでなく、バイクの購入や他社からの借り換えにも利用できます。また、りそな銀行で住宅ローンを契約している人であれば、審査に関わらず年1.9%の金利が適用される点は非常に魅力といえるでしょう。

7-5 三井住友銀行マイカーローン

金利 年4.475%
保証料 不要
借入限度額 10万円~300万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・申込時の年齢が満20歳以上満65歳未満
・前年度税込年収が200万円以上あり、安定かつ継続した収入がある
・指定の保証会社の保証を受けることができる
・契約時に来店できる
・日本国内に居住している
来店の必要性 必要(行内のローン契約機で契約)

借入限度額が他行と比べて比較的低く、金利も高めではあるものの、三井住友銀行の住宅ローン利用者なら1.5%引き下げる金利優遇が受けられます。

また、自動車の購入だけでなく、バイクの購入や、運転免許の取得、車検等まで対象としており、非常に幅広い目的で利用可能です。ただし、契約の際には三井住友銀行の店舗内にあるローン契約機にて行う必要がある点には注意してください。

8. 固定金利と変動金利が選べるマイカーローン(自働車ローン)

マイカーローン(自動車ローン)の中には、固定金利と変動金利が両方用意されており、どちらかを選べるものもあります。ここからは両方の金利プランが用意されているマイカーローン(自動車ローン)を紹介します。

8-1 みずほ銀行多目的ローン

金利 固定金利:年6.65%
変動金利:年5.875%
保証料 不要
借入限度額 10万円~300万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・借入時の年齢が満20歳以上満 66 歳未満で、完済時年齢が満71歳未満
・勤続年数2年以上
・前年度税込年収が200万円以上で、安定かつ継続した収入がある
・保証会社の保証を受けることができる
来店の必要性 必要(郵送での契約を希望する場合は不要)

マイカーローン(自動車ローン)ではなく、多目的ローンという位置付けのため、車の購入以外に結婚資金などさまざまな目的での利用が可能です。また、みずほ銀行にて証書貸付ローンを契約している、もしくは過去に利用したことがある場合は0.1%引き下げる金利優遇を受けることができます。

8-2 京都銀行京銀マイカーローン

金利 固定金利:年2.550%~2.8%(借入期間によって異なる)
変動金利:年2.675%(変動金利)
保証料 不要
借入限度額 10万円~1,000万円
申込条件 以下の条件を全て満たす人
・申込時の年齢が満20歳以上で、完済時年齢が満71歳未満
・勤続年数1年以上(個人事業主の場合は3年以上)
・前年度税込年収が150万円以上
・三菱UFJニコス(株)の保証を受けられる
来店の必要性 必要(電子契約サービスもあり)

借入限度額が高く、借入期間も最長10年と比較的長く設定されています。インターネットで申込むにあたって、京都銀行の普通預金口座を持っていない場合は、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県に居住していることが条件となっている点に注意してください。

9. マイカーローン(自働車ローン)には残価設定型ローン、ディーラーローンもある

マイカーローン(自動車ローン)には、ここまで紹介した銀行のマイカーローン(自動車ローン)以外にもディーラーローンや残価設定型のローンもあります。

残価設定型ローンとは、3年後もしくは5年後に車を買い替えることを前提として、その際の下取り額を残価として残し、購入費用から残価を指し引いた額でローンを組む仕組みです。残価を差し引くことから、借入金額が抑えられ、毎月の返済額を少なくできます。3年後もしくは5年後には車を買い替えることが条件ですが、残価を支払うことで乗り続けることも可能です。

ディーラーローンは、ディーラーと提携している信販会社とローンを組む方法で、購入する車を担保として設定します。車の購入と同時に手続きができるほか、審査が比較的早いというメリットがある一方、金利は比較的高めの傾向があります。

10. マイカーローン(自働車ローン)を組むときの注意点

マイカーローン(自動車ローン)を検討する際には、以下の点に注意しながら最終的な利用を決めるようにしましょう。

10-1 固定金利と変動金利どちらがよいかは予測できない

固定金利でローンを組むか、もしくは変動金利かで悩む人は多いと思います。しかし、どちらがいいかは誰にも予測できません。

世界情勢はさまざまな要因で変化しますし、どんな事態が起こるか確実に判断できる人はいません。どちらがお得かという観点で判断することは難しいため、上記で述べた固定金利そして変動金利の特徴やメリット、デメリットはもちろんのこと、自分のマネープランにはどちらが向いているかしっかりと理解したうえで、最終的に判断しましょう。

10-2 複数のローンに見積もりをとるようにする

借入金額や借入期間、さらには適用される金利や金利プランによって、返済総額は変わります。できれば複数のローンで見積もりをとり、比較検討してみましょう。

特に毎月の返済額がどのくらいになるか、といった点は重要なポイントです。金融機関やディーラーのサイトにシミュレーターが用意されているため、複数のサイトでシミュレーションを行い、さまざまな視点から検討することが大切です。

10-3 審査に落ちる可能性もある

マイカーローン(自動車ローン)の利用には審査が必須です。審査基準は金融機関やローン会社によって異なりますが、年齢や年収、勤続年数といった属性は必ず審査の項目に上がるといわれています。

さらに、審査の過程では信用情報もチェックされるため、照会した際に事故情報が残っていた場合は審査に通らない可能性が高いと思ってください。当然ですが、審査に落ちた場合はマイカーローン(自動車ローン)を利用することはできません。もし、自分の属性や信用情報に不安がある場合は、できるだけその不安を取り除いてから申込むようにしましょう。

10-4 金利とは別に保証料がかかるローンもある

銀行のマイカーローン(自動車ローン)の場合、保証料は金利に含まれているのが一般的ですが、中には別途保証料が必要となるマイカーローン(自動車ローン)もあります。

保証料や手数料といった初期費用は基本的にマイカーローン(自動車ローン)に含めることができないため、自己資金で用意しなければなりません。保証料が必要となるならば、その額がいくらになるのかもあわせて確認しておきましょう。

いくら低金利で借り入れができたとしても、保証料を支払うことで、最終的な返済総額が高くなってしまっては本末転倒です。金利の低さだけに目を取られるのではなく、ローンにかかる初期費用も視野に入れて考えましょう。

11. マイカーローン(自働車ローン)を短期間で返す予定なら固定よりも変動がおすすめ

マイカーローン(自動車ローン)もローンの一種ですので、返済にあたっては利息負担が発生します。したがって、固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかは非常に悩ましいところでしょう。

固定金利は契約時の金利が完済まで適用されるため、返済額が変わらないという安心感があるものの、変動金利よりも高い金利が設定されます。

ただ、過去の金利水準推移を参照すると、短期であればそこまで大幅に金利が変動する可能性は低いことが分かります。もしも1~3年の短期間で完済を考えているなら、固定金利よりも変動金利を選んでもよいかもしれません。

金利が短期間で大幅に変わる可能性はゼロではなく、確実に支払金利額を確定させたい人は、固定金利を選ぶようにしてください。

  • 金利ランキング

ライター紹介

氏名:
新井智美
保有資格:
ファイナンシャルプランナー(CFP®)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員
主なキャリア:
コンサルタントとして個人向け相談(資産運用・保険診断・税金相談・相続対策・家計診断・ローン・住宅購入のアドバイス)を行う他、資産運用など上記相談内容にまつわるセミナー講師(企業向け・サークル、団体向け)を行うと同時に金融メディアへの執筆及び監修も行い、現在年間200本以上の執筆及び監修をこなしている。これまでの執筆及び監修実績 は1,500本以上。