カードローン+HOME > プロからのアドバイス > 個人向けローンの制度が変更!今年からのローン事情

プロからのアドバイス

カードローンに関してプロ(FP)からのアドバイスをまとめました。

個人向けローンの制度が変更!今年からのローン事情

2018年02月03日
急な出費が続いて預金も底をつきそうなので、銀行でカードローンを作ろうと思っています。 まだ社会人2年目ですが審査は厳しいのでしょうか。 また、審査結果はいつ頃わかるのでしょうか。(会社員 Eさん 24歳)
銀行の融資を受ける際の審査には勤務形態や勤続年数、収入など様々な基準があります。 また、2018年からは審査方法も変わり、銀行カードローンの即日融資は出来なくなっています。

2018年から銀行融資の審査方法が変わった

カードローンをはじめとして銀行では様々なローンを取り扱っていますが、融資を受けるためには審査を通過する必要があります。 実は2018年1月から銀行での審査方法が変わり、暴力団など反社会的勢力への資金流入防止を目的に警察庁のデータベース照会が必要となっています。

警察庁データベース照会の対象となるローンは、カードローン、住宅ローン、自動車ローン、フリーローンなど個人が申し込むローンとなりますが、法人向け融資は対象外です。 証券業界ではすでに2013年に警察庁データベース照会を始めています。

また、2017年3月には全国銀行協会より銀行カードローン残高の増加を受け広告の実施方法や審査態勢等の整備を促す申し合わせがあり、過剰な貸し付けをしないように自主規制をするところが増えています。

銀行融資の審査が変わることの影響

カードローンは消費者金融などの銀行以外の金融機関でも取り扱われています。 消費者金融のカードローンは、銀行と比較すると審査回答時間も早く、即日融資も可能なところが多くなっています。 銀行カードローンは今回審査に警察庁のデータベース照会というステップが増えたことで即日融資が不可能となり、最短でも借り入れが可能となるのは翌日以降となります。

但し銀行カードローンの金利は消費者金融より低い設定のものも多く、且つ銀行という安心感などから、多少審査に時間がかかっても銀行から借りたいという場合もあるでしょう。 正式な審査結果の回答は申し込み日の翌日以降になりますが、警察庁データベース照会の前までの仮審査についての回答を即日行っている銀行もあります。 またこれまでは不審な場合は個別に照会していたものが、オンライン化されたことで審査自体は全体的にスムーズに進むことが考えられます。 どうしても即日融資が必要なら、銀行ではなく消費者金融で借り入れることになるでしょう。

将来のために、確実に返済していこう

預貯金が不足しがちな若い年代では、カードローンを利用せざるを得ない場合もあるのかもしれませんが、今後自動車ローンや住宅ローンなどを利用する可能性もあります。 今回カードローンを利用して返済が滞ってしまうと、信用情報機関に登録され、一定期間借り入れが出来なくなってしまいます。 将来のためにも今のうちにお金の使い方や生活を見直し、きちんと返済を終えるようにしましょう。

担当:福島 佳奈美(執筆:2018年01月30日)

カードローンの特徴を比較して申込む

金利重視:安心の低金利から選ぶ 限度額重視:ゆとりの融資金額から選ぶ 審査期間重視:急ぎの審査スピードから選ぶ

カードローン掲載金融機関

銀行

  • 愛知銀行
  • 足利銀行
  • オリックス銀行
  • 滋賀銀行
  • 静岡中央銀行
  • じぶん銀行
  • 常陽銀行
  • 千葉銀行
  • 中京銀行
  • 栃木銀行
  • 富山第一銀行
  • 長崎銀行
  • 福邦銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • みずほ銀行
  • 武蔵野銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行

信用金庫・信用組合・労働金庫・JAバンク

  • 京都中央信用金庫
  • 都留信用組合

その他の金融機関

  • アイフル
  • SMBCモビット

カードローン選びのお役立ち情報

カードローンシミュレーション

希望する借入金額、金利、期間から毎月の返済額や返済総額などを試算します。

カードローン用語集

カードローン・キャッシングの用語をまとめました。

カードローン簡単検索

借入金額  万円
借入期間  
居住地
金融機関
来店